素材へのこだわり

Commitment to Material

私たちにできることは何か?
スーパー、コンビニ、に並んでいる商品は、大量生産型の商品が多く、それに使う原料も大量に確保されなくてはいけません。

私たちは、大手様のような大量生産型商品は得意ではありません。
そんな私たちにしか使えないこだわった素材や原料がまだまだたくさんあると思います。

material_img02.png

こだわりの素材を作っている生産者様の想いも込めて、美味しい商品を作ってお届けしたい。

販売していただいている小売店様も、購入してくださったお客様も、みんなが笑顔になっていただける商品をお届する為に、これからも『なによりも素材』にこだわり商品を提供していきたいと思っています。

border.png

原材料へのこだわり

Commitment to Material

material_img04.png
material_img05.png

私たちの商品は、アイテムごとに商品コンセプトがあります。
有機JAS認定牧場のジャージー牛乳やホルスタイン牛乳を使用したり、原料抹茶ではなく、お茶席でお濃茶を立てるのに使うレベルのお抹茶をふんだんに使用したり、1丁280円するブランド豆腐を使用したり、新潟の高級洋梨ルレクチエを40%使用したシャーベットも製造しています。

商品によっては、その時期にしか加工できない商品も数多くあるので、安定供給が難しい商品もあります。

特に抹茶に関しては、石臼引き一番茶にこだわり配合量に合わせて3種の抹茶を使用しています。

そのなかでもお濃茶アイスに使用している抹茶は宇治産の一番茶のみを使用する為、原料確保をする為に生産者様・加工業者様とともに品質の良い抹茶を育てていただく為の取り組みをしています。

そんな大切な原料から作り上げた商品をお客さまにお届けできる事を誇りに思いこれからもこだわりの原料を探し続けていきたいと思っています。

material_img06.png
border.png

製造方法へのこだわり

Commitment to Material

material_img07.png

こだわった原料を使用するので、製造にもこだわりを持っています。

品質の良い抹茶をたくさん使用する抹茶のアイスは、抹茶の風味・色を損なわない為、ミックス製造時に熱をかけず、エージングタンクに添加をします。 抹茶は熱に弱く、熱がかかると色と風味がとんでしまいます。

これは、食品業者全てが分かっている事ですが、出荷に対して菌数検査が厳しいアイスの出荷基準を考えると危険が多い為、大手様のほとんどはミックス殺菌時に抹茶を加えていると思います。

当然、出来た商品から基準値を超える菌数が出てしまったら、ミックスすべてを破棄しなくてはいけません。

そのために細心の注意をはらい、素材の良さを引き出し製造した商品は、他では食べられない特別な商品としてお客さまにお届けすることができます。

material_img08-02.png
material_img09.png

弊社の原点でもある『とうふアイス』は、こだわりのお豆腐を一丁、一丁取り出し全体の30%にあたるお豆腐をミックスに加えていきます。

それにより、『あっ、お豆腐だ』と食べた方から声が出る、豆乳アイスではない『お豆腐アイス』が完成します。

こだわりの原料を使用するからこそ、製造現場でも手間暇をかけて、より素材を生かせる製造方法を行っています。